韓国ドラマ・映画のあらすじキャスト相関図&韓流俳優・女優のエンタメ情報

韓流スタイル

韓国ドラマのラインナップが豊富!
《今なら31日間無料視聴》
>> 今オススメの韓国ドラマ作品はこちら <<

韓国ドラマ

相続者たち|イミンホ&パクシネ主演!あらすじ・感想・キャスト相関図まとめ

http://www.bsfuji.tv/souzokusyatachi/より引用

同時間帯視聴率No.1を記録した2013年最大の話題作で、放送前から最も注目されていたドラマです。

2013年SBS演技大賞最優秀演技賞(イ・ミンホ)他9冠受賞し、最終回の視聴率は番組最高の28.6%にのぼりました。

イ・ミンホパク・シネという若き二大スターが主演し、他にも若手俳優・若手女優・アイドルなどの豪華キャストでおくる富裕層の学校で暮らす高校生たちの生きざまを描いた作品です。

『相続者たち』あらすじ

海辺でのんびりとサーフィンを楽しむ若者、彼の名はキム・タン(イ・ミンホ)。
帝国グループの御曹司で眉目秀麗、何不自由ない環境かに見えるが、愛人の子と疎まれ、逃げるようにアメリカへ留学、空虚な日々を送っていた。
一方、口のきけない母を持ち、幼い頃から苦労し通しだったウンサン(パク・シネ)はアメリカに渡った姉を頼り、二度と韓国には帰らないつもりでアメリカへやってきた。
だが姉の現実を知って失望し、居場所をなくしてしまう。途方にくれるウンサンと出会ったタンは、自分の家に招くことに。
つかの間、心を通じ合わせる2人。
だが、タンにラヘルという婚約者がいることを知り、ウンサンは「短い夢を見た」と韓国へ帰っていく。
また、ラヘルも母親の再婚相手の息子が同じ学校に通う乱暴者のヨンドと知り、不快感を隠せない。
裕福な家庭に育ちながらもそれぞれに悩みや傷を抱えた若者たち。そんな中、兄に疎まれ、2人の母に挟まれ、それに甘んじる父との葛藤に立ち向かうべく、3年振りの帰国を決意をするタン。

彼が戻る名門私立高校はその名も「帝国高校」。
学校内には大きく4つの階級が存在する。
いずれは会社を相続する真の財閥2世、3世集団の「経営相続者集団」、経営権争いでは外されたが生まれたその瞬間から多くの株を所有している「株相続者集団」、お金より名誉を大事にする法曹界、医学界、学者、政治家の2世、3世集団の「名誉相続者集団」、そして世間の評価を気にして仕方なく入学させた様々な面で、この学校には相応しくない「社会配慮者集団」。
この厳しい格差の中で生き延びなければならなくなったウンサン。
そして再び、タンとウンサンは運命の再会を果たし、それぞれの人生が動き始める…!!

公式ページより引用

原題は『王冠を被ろうとする者、その重さに耐えろ〜相続者たち〜』といいます。

いかに相続する者たちに富と権力が待っていようとも、相続するにはそれなりの覚悟と鍛錬された自覚がいるということでしょうか!?

高校時代から富と権力をほしいままにする登場人物たちへの戒めと共に、応援しているようなタイトルに思えますね。

 

『相続者たち』見どころ

http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1984403より引用

韓国で最高視聴率を幾度も更新したこのドラマは、『相続シンドローム』と呼ばれるブームを巻き起こして放送時間帯を染め上げました。

最高の脚本家キム・ウンスク

https://blog.goo.ne.jp/thecroods/e/be3b4385b15e2b70bcf9ff48b9f47b24より

"新セクシー激情ロマンス”という新たなジャンルを開拓した、キム・ウンスクの脚本です。

「シークレット・ガーデン」の脚本家キム・ウンスクが、今最も勢いのある俳優イ・ミンホとタッグを組んで作品を仕上げました。

キム・ウンスクの名前でピンと来ない方も、有名作品ばかり手がけている方なので作品をご存じのはずですよ。

2004年 パリの恋人
2005年 プラハの恋人
2006年 恋人
2008年 オンエアー
2009年 シティーホール
2010年 シークレット・ガーデン
2011年 マイ・プリンセス
2012年 紳士の品格
2013年 相続者たち
2016年 太陽の末裔
2017年 鬼-トッケビ

出典:http://kandora.boo.jp/?page_id=1878

誰もが知っている作品の多い、凄い脚本家でしょう!?

太陽の末裔|ソンジュンギ&ソンヘギョ主演!あらすじ・感想・キャストまとめ

トッケビ|コンユ&キムゴウン主演!あらすじ・感想・キャスト相関図まとめ

 

貫禄の俳優たちが総集結

https://ameblo.jp/momotaro32343866/entry-11716780123.htmlより引用

ベテランから中堅までのキャストの豪華さも注目です。

若手をリードしつつも自分たちの存在感を見せつけてくれました。

キム・ソンリョンとチョン・ドンファンは、イ・ミンホとパク・シネの間を遮る威圧感と存在感を示しました。

昔日本でも活躍したユン・ソナは、娘を理解していく母親として成長しますが、日本人としては、ユン・ソナそんな、歳になったかと衝撃でした。

チェ・ジノは、どん底にいた息子に対する愛情を眼差しだけで表現する素晴らしい演技です。

ヒロインの母親で、言葉を話せない家政婦役でも無言の存在感見せたキム・ミギョン、熟女の色気を見せてくれたチェ・ウォニョンと最後まで毒々しいままのパク・ジュングムまで、貫禄の俳優らがドラマを更に面白くしています。

 

『相続者たち』キャスト相関図

http://bc.mediafactory.jp/souzoku/より引用

有名人たちばかりの豪華キャスト

http://www.wowkorea.jp/news/enter/2013/1213/10120052.htmlより引用

若手俳優らが繰り広げる『相続者たち』の豪華キャストが、韓国を騒然とさせました。

  • 『花より男子』イ・ミンホ
  • 『オレのことスキでしょ。』パク・シネ
  • 『ゆれながら咲く花』キム・ウビン
  • 「f(x)」クリスタル
  • 「CNBLUE」カン・ミンヒョク
  • 『花ざかりの君たちへ』キム・ジウォン
  • 「ZE:A」パク・ヒョンシク
  • 『九家の書』チェ・ジニョク
  • 『乱暴なロマンス』イム・ジュウン
  • 『モンスター 』カン・ハヌル

これらの豪華キャストらが、見事な演技力を見せ、視聴者を虜にしました。(『』はドラマ作品、「」は歌手所属グループ名)

出演者たちは皆若手でありながら、緻密で鋭い分析力を持ち、甘いロマンス演技、若手相続者としての威厳と威圧感ある演技、豊富な表情と動作まで、見事に役柄となって演じ切り、“相続シンドローム”を牽引したのです。

主人公役のイ・ミンホは、複雑な生い立ちの御曹司の機微を繊細な感情表現をもって完璧に演技し、ラブコメキングの威厳を知らしめます。

ヒロイン役のパク・シネは、心苦しい「貧困相続者」の姿をありのまま表現する純粋な演技力でラブコメのイメージを定着させました。

イ・ミンホの関連記事はこちら!

パクシネ関連記事はこちら!

https://post.naver.com/viewer/より引用

パクヒョンシク関連記事はこちら!

https://www.showholic.jp/9166より引用

 

『相続者たち』感想

https://yuca88.exblog.jp/19909670/より引用

イ・ミンホとキム・ウビンの高校生役が最後まで受け入れられませんでした(笑)。

多分イ・ミンホの前作のドラマが『信義ーシンイー』だったせいでしょうし、キム・ウビンは見た目が面長すぎるからでしょう。

パク・シネの制服は違和感なく思えたのに、この男性2人が高校生は最初から違和感ありすぎて、最終回まで違和感のままでしたが、物語そのものは面白かったです。

王道の定番ラブストリーの身分違いの恋という、現代版ロミオとジュリエット(ヒロインは貧乏だから若干意味合いは違いますが)です。

そして、この主人公たちが通う高校、御曹司ばかりの優秀校かと思ったら、とんでもない高校なのです。

4つの階級層に分かれた、差別の甚だしすぎるカースト制の高校です。

※あらすじをご参照ください。

それだけに、苛めが蔓延している異様な学校なのです。

地位と金を笠に着た人々の集まりが思春期の高校生なので、たちが悪いとしか言いようがありません。

日本人の通う庶民の高校がアットホームに思えます。

幼い頃から親の七光りでちやほやされた、精神的には幼児が富と権力を持ったような高校生ですから、派手に苛めます。

理由は"社会配慮者集団"だから。

つまり、お金持ちではない庶民=貧乏人だから、という理由のみです。

ヒロインのウンサン(パク・シネ)も望んでこの高校に入学したわけではないのに、"社会配慮者集団"として苛めを受けそうになります。

ウンサンを巡り、タン(イ・ミンホ)とヨンド(キム・ウビン)は毎度攻防を繰り広げますが、それは2人がウンサンを守ろうとした結果です。

2人がウンサンに拘わるばかりに、ウンサンの立場は悪くなっていくのですが、それは、身分制度意外に、高校生らしい恋愛感情の渦巻きもあるからです。

高校生が集団でいますから、恋愛模様が複雑に絡み合っています

そして、その高校生の親たちでも子供絡みも含めて、自分たちの恋愛に必死になっているのはとてもおもしろく、よくできたストーリーです。

http://www.cmall.co.jp/store/item-100063770.htmlより引用

親の世代、子の世代とはいうものの、世代に何の意味があるのでしょう。

時代が変わっても、人間という本質には何ら変わりありません。

何が自分にとって何が一番大切で、必要なのか?

自分が背負うべき責任と進むべき道は、自分で選択して進んでいかなければならないという、時代は関係なく、人間として生きるべき教訓もある、奥が深いドラマです。

上の写真は、作品中何度も出てくる「ドリームキャッチャー」です。

ドラマの中でウンサンがタンに宿代として渡したものですが、「真ん中に幸福・素敵な夢が入ってくる」とウンサンが言って、流行しました。

本来のドリームキャッチャーの意味は夢(希望や願い)を捕まえるものではなく、悪夢を捕まえて網の部分に閉じ込めて、よい夢だけが見られるようにするお守りだそうです。

皆様の夢が安らかでありますように、願って写真を挿入させていただきました。

この今の災害に見舞われた日本には、夢と希望が必要です。

悪いことがあったら、良いことが必ず来ます。

明日の希望から一歩が始まります。

どうか、今晩幸せな夢に包まれて、明日、皆様が小さくても幸せを感じる日を迎えることができますように・・。

 

『相続者たち』日本語字幕フル動画を今すぐ安全に無料視聴する方法

韓国ドラマ『相続者たち』日本語字幕フル動画を今すぐ安全に無料視聴する方法を、こちらのページで詳しく紹介しています。

相続者たち|日本語字幕フル動画を今すぐ安全に無料視聴する方法《韓国ドラマ》感想・見どころも


応援して下さる方は、下の2箇所のクリックをお願いします^^

韓国ドラマランキングバナー 韓国ドラマランキングバナー

-韓国ドラマ
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 韓流スタイル , 2019 All Rights Reserved.