韓流ドラマなどのエンタメ情報を発信しています

韓流スタイル

韓国ドラマ

ドクター異邦人|イジョンソク&パクヘジン主演!あらすじ・感想・キャスト相関図まとめ

更新日:

https://knda.tv/kntv/program/28890/より引用

『君の声が聞こえる』で大ブレイクしたイ・ジョンソク主演のメディカルドラマです。

韓国と北朝鮮を舞台に繰り広げられる壮大なスケールに引き裂かれた男女の美しくも切ないラブストーリーが心を打ちます。

また、北朝鮮の技術で韓国の医療業界に新風を吹き起こす主役の手際の良さにも目を奪われます。

『おバカちゃん注意報』のカン・ソラ、『星から来たあなた』パク・ヘジン、『蒼のピアニスト』チン・セヨンなど、豪華出演陣が脇を固めています。

『ドクター異邦人』あらすじ

1994年、韓国と北朝鮮の間に戦争勃発の危機が迫っていた。
韓国の政治家チャン・ソクチュは、戦争回避のため韓国一の胸部外科医パク・チョルを北朝鮮最高指導者の手術のため派遣する。
手術は無事に成功するが、ソクチュの裏切りによりチョルは息子のフンと共に、北に残されてしまう。
父と同じ胸部外科医を目指し、平壌医大へ進学したフンは同じ大学に通うソン・ジェヒとの恋愛も順調で公私ともに充実した日々を過ごしていた。
ある日、ジェヒにプロポーズしたフンは、ジェヒの父親の元に挨拶へ向かうが、そこにジェヒの姿はなかった。
ジェヒは父と共に粛正され、収容所へと送られてしまったのだ。
数年後、フンは胸部外科医として軍の医学研究所に勤務していた。
そんな中、瀕死の状態のジェヒが運ばれてくる。
フンはジェヒとともに脱北を図るが再びソクチュによって阻まれ、さらにジェヒとも再び引き裂かれてしまう。
その後、フンは一人韓国へ戻り、ジェヒを探すための資金稼ぎのためにミョンウ大学病院で働くことに。
そこへジェヒとそっくりな女医スンヒが現れる…。

公式ページより引用

 

『ドクター異邦人』感想

https://kirikoro.exblog.jp/20904914/より引用

フンの相手役がチン・セヨンではちょっと不足でした。

明らかに、外科医スヒョン役のカン・ソラの方が似合っていたというのが正直な感想です。

ジェヒ時代は可愛かったのですが、最初スンヒで登場した時に、「別人だ・・」と思いました。

いくら役柄とはいえ、あそこまで生意気な顔にならなくてもいいのではないかと。

スヒョンはずっとフンに「下手くそ」「やぶ医者」と呼ばれるほどでしたが、自分の医療技術を勉強して、いつでも不安で仕方ないという可愛さがあり、ジェヒらしさが残っていたと思います。

 

主役のフンは、普段はおちゃらけて無邪気なのに手術シーンになると、目力ががらりと変わって、天才医師を表情からも見せつけてくれました。

さすがだなと思いました。

勿論、ジェジュンも天才医師の表情ですが、普段から感情を表に出さない分、フンのギャップ萌えをますます引き立てる要因になっています。

この二人が医師として様々な対局を繰り返します。

ついには、ジェジュンの恋人であるスヒョンがフンを好きになったりと、もう、盛りだくさんです。

後半、ちょっと盛りだくさんに詰め込みすぎて、頭がついていけなくなることがありましたが、ストーリー自体はとてもよくできています。

 

『ドクター異邦人』キャスト(登場人物)と相関図

http://www.bs-j.co.jp/ihoujin/chart/より引用

主演イジョンソクの関連記事はこちら

https://xn--l8j1bc5q3j0b6aza3jveubz658g7eqi.club/より引用

 

『ドクター異邦人』見どころ

http://www.contents7.co.jp/sp/work/drama/ihoujin.htmlより引用

1994年パク・フン(イ・ジョンソク)は、凄腕の医師である父親パク・チョル(キム・サンジュン)に連れられ北朝鮮に渡ります。

父には北朝鮮最高指導者の手術をして命を食い止めるという役割があったのです。

しかし、手術が成功するも、親子は口封じのために銃殺されそうになります。

そこを助けられ、韓国へと戻ることはなく北朝鮮で生きることを余儀なくされます。

ストーリーが衝撃的

https://k-entame.jp/より引用

手に汗握る驚愕のエピソードがてんこもりです。

北朝鮮ではフンの彼女が殺されたり、父が殺されたり・・。

韓国に逃げても朝鮮から刺客が来るし・・。

韓国で医師として働くようになれば、そこに来た麻酔科の医師は亡くなった彼女に瓜二つ。

展開から目が離せません。

ラブストーリーの要素が中盤まで見当たりません。

フンの奮闘する姿ばかりがストーリーを引っ張っていきます。

緊張感あふれる医療シーン

http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=4&ai_id=185202より引用

生死を分ける手術シーンをリアルに再現した映像は圧巻です。

病院の不正や内部抗争に巻き込まれながらも、医師として患者を救うために奮闘する姿には臨場感たっぷりで、医師としての正しい姿が輝いて見えます。

特に、最初の頃の手術で、フンが赤ちゃんの口に直接息を吹き込んで、ダメかと思われた赤ちゃんを救った場面は目頭が熱くなりました。

今を輝くイケメン俳優の競演

http://www.bs-j.co.jp/ihoujin/intro/より引用

主人公フンを演じるイ・ジョンソク。

彼はとびっきりの笑顔や愛くるしい性格で、表情豊かに演じています。

感情豊かすぎて、理不尽な出来事に興奮して叫んだりもしますが、心の中では北朝鮮時代での傷がまだ癒えていないのにもかかわらず、自分に素直に生きています。

かたや胸部外科部長のハン・ジェジュンを演じるパク・ヘジン。

彼はエリート医師だけあって、計算高く野心にあふれています。

フンのように感情をさらけ出しません。

この二人の対比がさらに物語の展開に拍車をかけています。

恋人ソン・ジェヒ(チン・セヨン)との逃亡劇

https://tv.rakuten.co.jp/content/179452/より引用

幾度も引き裂かれるフンとジェヒの愛の行方も見どころです。

ハンガリーで二人の亡命が失敗して、ジェヒと離れ離れになってしまっても、韓国に戻ってからもジェヒを助けようと懸命に亡命資金を獲得するために資金集めをします。

しかし、北朝鮮にそんな女性はいないと言われ、暗に死んだと匂わされ、心が折れるフン。

そしてそれからしばらくして、彼の前に麻酔科医としてジェヒに瓜二つのハン・スンヒが現れます。

彼女はジェヒと関係があるのか?

そして彼女はフンの敵なのか、味方なのか・・!?

 

『ドクター異邦人』演技の凄い俳優は・・

http://blog.livedoor.jp/dexan_g-doctor_stranger/archives/2014-07-12.htmlより引用

個人的には、病院の方々より北朝鮮工作員のチャ・ジンス(パク・ヘジュン)が好きでした。

執拗にフンとジェヒの亡命を追跡して、仲を引き裂いたり、韓国にいるフンを追って、執拗に工作を謀ったりと、蛇のような執念でフンを追い詰めます。

視聴している最中に顔が見えると嫌だな、と顔をしかめて観続けるのですが、実は彼が次はどんな手を使ってフンを追い詰めるか手に汗握り、興味津々になります。

この役者は『ミセン~未生~』『オレンジ・マーマーレード』などにも出演していて、演劇出身の俳優です。

通りで演技が一番迫力があったわけです。

私がこのドラマで演技大賞をあげるなら、この方だと思います。

存在感がすごいです。

珍しく脇役に力を入れて観てしまいました(悪役ですが)。

 

『ドクター異邦人』フル動画を日本語字幕で無料かつ安全に視聴する方法

『ドクター異邦人』フル動画を日本語字幕で無料かつ安全に視聴する方法はこちらで書いています。

ドクター異邦人|日本語字幕フル動画を今すぐ安全に無料視聴する方法《韓国ドラマ》感想・見どころも

https://knda.tv/kntv/program/28890/より引用 『君の声が聞こえる』で大ブレイクしたイ・ジョンソク主演のメディカルドラマです。 韓国と北朝鮮を舞台に繰り広げられる壮大な ...

続きを見る

応援して下さる方は、下の2箇所のクリックをお願いします^^

韓国ドラマランキングバナー


-韓国ドラマ
-, , , , ,

Copyright© 韓流スタイル , 2019 All Rights Reserved.