韓国ドラマ・映画のあらすじキャスト相関図&韓流俳優・女優のエンタメ情報

韓流スタイル

韓国ドラマのラインナップが豊富!
《今なら31日間無料視聴》
>> 今オススメの韓国ドラマ作品はこちら <<

韓国ドラマ

花遊記(ファユギ)|イスンギ&チャスンウォン&オヨンソ主演!感想キャスト相関図|中国「西遊記」を現代の韓国風にアレンジしたロマンチックファンタジードラマ!

投稿日:

日本でもお馴染み中国の古典「西遊記」を現代の韓国風にアレンジしたロマンチックファンタジードラマです。

3年ぶりの除隊後初ドラマ主演となるイ・スンギに韓国だけでなく日本でも話題沸騰となった作品です。

『最高の愛』『主君の太陽』などラブコメのヒットメーカーホン姉妹による脚本と、彼女たちとコンビを組んだ経験のあるイ・スンギ、チャ・スンウォン、イ・ホンギとの相性の良さは今回も期待するしかありません。

登場人物もカメオ出演も豪華俳優陣が集まり、このドラマ独特の世界観を作り上げています。

前半の妖怪退治の面白さと後半の三蔵と斉天大聖との切ないラブロマンスの世界に引きずり込まれて、つい現実逃避したくなってしまいます。

(画像はhttp://www.tving.com/vod/player/E001283250より引用)

『花遊記』見どころ

http://www.yes24.com/Product/goods/59023121より引用

日本で「西遊記」というと今まで放送された数々のドラマで「三蔵法師を女性が演じる」イメージが強いのですが、韓国ではそうではありません。

しかし、今回は韓国でも「三蔵を最初から女性」としてのキャストで登場させています。

あえて三蔵を女性として登場させることで、後半のラブストーリーを効果的に演出しています。

登場人物がどのキャラクターを演じているのかキャストを紹介したいと思います。

 

主要キャスト紹介

孫悟空/斉天大聖ソン・オゴン(イ・スンギ)

https://www.pinterest.ca/pin/202802789453816612/より引用

西遊記の孫悟空そのままに、火山島で生まれた石の猿の乱暴者の妖怪です。

傲慢で傍若無人な振る舞いに神仙でありながら天界から罰を受けて五行山(オヘンサン)に閉じ込められてしまいます。

少女に助けてもらい五行山から出してもらうのですが、少女との約束を守らず消えてしまいます。

その行いから後に少女の守護者となる運命になるのですが・・。

 

牛魔王/ウ・フィ(チャ・スンウォン)

https://www.pinterest.at/pin/631278072741830675/より引用

巨大な白い牛の妖怪で、オゴンとはトムとジェリーのような関係です。

現代では芸能企画会社「ルシファーエンタ」の代表として贅沢な暮らしぶりとオーディション番組のオーバーリアクションの審査員で有名人です。

皆から「魔王」と呼ばれるものの、内面はナイーブで涙もろく情に厚い、愛に重きを置く人間くさい妖怪です。

神仙になるためにポイントをせっせと稼いでいますが、彼が神仙になりたがるのはある理由があるのです・・。

 

猪八戒/PK:チョ・パルゲ(イ・ホンギ)

https://ar.pinterest.com/pin/802977808537163530/より引用

ルシファーエンタの看板スターで甘いマスクと歌声で女性を魅了していますが、正体は豚の妖怪です。

コミュニケーション能力が高いため情報通の一面を持ちますが、あまり考えずに発言するためにオゴンや魔王を怒らせて、焼き豚や酢豚にあやうくなりかけるお調子者です。

基本的に妖怪仲間からは「ブタ」と呼ばれています。

正直、イ・スンギにイ・ホンギで面倒くさい思いましたが、昔映画でイ・スンギと間違えてイ・ミンギ借りた事ありました。

本当に面倒くさいです、韓国の名前(汗)。

 

沙悟浄/オ・サジョン:ユン・デシク(チャン・グァン)

https://2sao.vn/hoa-du-ky-bi-don-gap-loi-nguyen-khi-lien-tuc-xay-ra-tai-nan-n-144168.htmlより引用

オゴンの弟分の妖怪ですが、人間界では韓国最大企業グループの会長として君臨しています。

そんな彼の特技は家事全般というギャップがたまりません。

いつもオゴンのために掃除をして料理をすることに喜びを感じ、オゴンのために気を遣ってくれている奥さんのような存在です。

 

三蔵法師/チン・ソンミ(オ・ヨンソ)

https://www.pinterest.jp/pin/600386194046965979/より引用

幼い頃に幽霊が見えるため友達のいない少女でした。

ひょんなことからオゴンを五行山から逃がす手伝いをしてしまい、その瞬間から「三蔵」の運命を背負うようになりますが、幽霊が見えるだけのただの人間です。

現在は霊が見える能力を生かして、いわくつき物件を扱うハンビッ不動産の社長として過ごしていますが、「三蔵を食べると最強の妖怪になれる」という噂のために日々妖怪に狙われています。

「三蔵」の血は特別で流血するとそこから蓮の花の香しい匂いが漂い、妖怪たちは三蔵の居場所を突き止めようと躍起になります。

再会したオゴンと牛魔王とともに現代にはびこる悪霊や妖怪を退治するようになります。

 

マ秘書(イエル)

https://wink123.tistory.com/30267より引用

西遊記には出ていませんが魔王に忠実な犬の妖怪です。

犬と牛のことをバカにされるとひどく怒りますが、冷静な表情からは彼女の怒りがどれほどかは判断不能ながらも、怒りのオーラは妖怪一ではないでしょぅか。

魔王が気に食わない人間がいるとすぐに始末しようとする(というか、したがる)癖があります。

オゴンからは「ケ(犬)秘書」といつも呼ばれています。

https://www.livevizlife.com/review-a-korean-odyssey-hwayugi/より引用

他にもゾンビ少女だけど愛くるしいプジャ(イ・セヨン)兄妹で一つの体を交互で入れ替える冬将軍・夏仙女(ソン・ヒョク)竜宮の息子「玉龍」に体を奪われたアリス(ユン・ボラ)などの魅力あふれる登場人物がたくさんいます。

お気に入りのキャラを決めるのも迷うくらい素敵なキャストと、チャン・グンソク、キム・ジス、イ・ソヨン、オ・ヨナ他たくさんのカメオ出演も見逃せません。

 

チャ・スンウォンのおとぼけキャラ再び!!

http://allclip.sbs.co.kr/end.html?clipid=C01_144763より引用

『最高の愛』でチャ・スンウォンの演じたトッコ・ジンのおとぼけ&百面相キャラの復活です!!

最高の愛|チャスンウォン&コンヒョジン主演!感想・キャスト・相関図|最高視聴率27%、2011韓国ラブコメドラマ最高峰

ホン姉妹の脚本なので期待しながら観ていたのですが、大当たりでした。

オーバーアクションに表と裏を使い分けるチャ・スンウォンのあの演技が再度観られて、私は満足しました。

『最高の愛』でトッコ・ジンの魅力に取りつかれたことのある方ならわかっていただけると思います。

あの高身長から放たれる滑稽でお茶目な芝居は、ホン姉妹とタッグを組んだからこそなし得る最高の視聴者プレゼントです。

 

緊箍児(きんこじ)とオゴンの愛

https://publicfr.tistory.com/3135より引用

緊箍児とは孫悟空が頭に付けている悪いことをすると締め付けるあの輪っかです。

この作品では緊箍児が進化して腕輪になり、字幕では緊箍児と表記されていますが、台詞では「クムガンコ(금강고:金剛箍)」と呼ばれています。

クムガンが金剛だと分かるのは『師任堂』『善徳女王』を観たお陰だと時代劇ドラマに感謝していますm(_ _)m。

師任堂(サイムダン)色の日記|イヨンエ&ソンスンホン主演!感想・見どころ、キャスト相関図まとめ

善徳女王|イヨウォン・コヒョンジュン・オムテウン・キムナムギル!感想見どころ・キャスト相関図|最高視聴率49.9%という驚異の数字をあげた韓国ドラマ

字幕だけ見ていれば絶対気づきませんでした。

バージョンアップした金剛箍はその力を発動させた人のことを愛してしまうという、機能を新たに設けていました。

その為、キスして発動させた三蔵が悲しんだり死にそうになったりすると腕輪から伸びた見えないワイヤーがオゴンの心臓を締め付けて想像を超える痛みを与えます。

そこでオゴンは何回も「愛しているから」という皮肉のような言葉と共に三蔵に腕輪を見せつけますが、それがまたキュンキュンが止まりません。

これだけ何度も愛していると堂々と言われたら女性なら落ちてしまいます。

三蔵もそうでした。

腕輪を外すとその愛が消えてしまう事が怖くてたまらなくなるのです。

オゴンの愛は金剛箍だけのせいなのか不安になってしまいまい、三蔵は色々手を尽くして腕輪がなくなっても自分を愛してくれるかと涙ぐましい努力をします。

 

魔王の目的

https://m.blog.naver.comより引用

魔王が神仙になるためにポイントをこつこつ稼いでいるのは、昔愛して未だに一途に想いつづける妻であった女性の羅刹女(日本では鬼子母神、インドではシヴァ神に当たります)ジャウン(キム・ジス)を探すためです。

神仙になれば人間の生死の運命に関与できると知って、妖怪から一刻も早く神仙へと昇格を目指しています。

彼女は人間の魂を奪い子供に食べさせた罰として、108回子どもを殺されて自分も殺される輪廻を持つ人間へと転生させられていたからです。

現代でたまたま彼女の今の姿を知ってしまい、99年経ってもまだ9回目の苦しみを味わっている最中だということに慄然とします。

どの時代でも涙を流していた彼女にはまだ長い年月の輪廻が残されています。

魔王は彼女のために残りすべての1万年分の輪廻の罰を自分が受けることを決断します。

最初は古代最強の巫女(後述します)アサニョに手を貸してもらおうとしますが、ソンミも「三蔵」であることから人間でありながらも神仙である彼女に頼み込み輪廻を解き放ちます。

凄まじい数の輪廻が流れ星となり魔王の体を打ち抜き、魔王に死よりも苦しい痛みを与えます。

結果、魔王は死の淵から生還はできますが、極度に寒がり視力を失ってしまいます。

魔王を寒さから助けたのは夏を司る仙人・夏仙女と遠くヒマラヤや南極まで駆け回って薬草を探し出した犬・・もといマ秘書でした。

 

『花遊記』キャスト相関図

https://www.bs-asahi.co.jp/fayugi/character/より引用

 

『花遊記』感想

https://theqoo.net/dyb/632143560より引用

このドラマは実は問題が多くあることの方で有名になってしまい、制作前の話題ほどには成功しませんでした。

放送事故でワイヤーで吊られた人が何人も写っていたり、CG処理用のカーテンが映り込んだりしたまま放送されるという事が起こりました。

その後墜落事故もあり"放送2回"で「歴史級の問題作」と言われ、雇用労働部の現地調査も入り、放送延期と一時はなりました。

それ以外にも私からすれば「反日」意見が多かったように思います。

エピソード5で1930年代の日本統治下の朝鮮に魔王とソンミが乗り込むのですが、日本人の家でソンミが「こんな場所嫌だわ」「親日なんてゾッとする」などと発言していて悲しくなりました。

でも、その時代だからと割り切って観ていたのですが、最終回近くになると「親日」が何度も悪い意味に使われていて、反日を掲げた作品なのだと思うと日本人として辛かったです。

日本用に編集してるのでもしかしたらもっと反日発言があるのかもしれません・・。

作品自体はすごく面白かっただけに話題の方向性、日本人視聴者の一意見として残念だと思ってしまいました。

 

最強の悪霊アサニョの出現

http://www.topstarnews.net/newsより引用

とある悪霊退治をしたため、そこを守っていたモノを取り払った故に、過去に封印されていた史上最強の巫女であったアサニョの霊が解放されてしまいます。

彼女は時の権力者を王にさせたものの、婚礼の約束も虚しく裏切られて殺され、石棺から蘇ると悪者たちの企みでゾンビ少女プジャに憑依します。

彼女の目的は強い男と添い遂げ、世の中を掌握することです。

可愛らしかったプジャは消え去り、邪な感情しか持たないアサニョが現代に復活してしまいます。

悪しき感情と高い霊力を持ったアサニョは現代を悪の巣窟にすべく、世界を自分の物にしたい悪しき心を持つカン・デソン(ソン・ジョンホ)と手を組みます。

強い男オゴンを手に入れたいという欲にかられ、添い遂げようとする一心でソンミと入れ替わると、ソンミに自分の力を奪われてしまいます。

それでもカン・デソンと手を組んで世界を闇に堕ち入れようとします。

もう一度龍を呼んで見せるとアサニョはカン・デソンに宣言します。

 

甦る黒龍

https://gamjastar.tistory.com/96より引用

アサニョが龍を呼ぼうとしても今の龍は人間たちの欲望に汚染され、昔の黄金に輝く龍ではなく、漆黒の悪しき龍に変わっていました。

そしてその龍を望んだのも現代を壊すことを望んでいる悪しき心の持ち主だからからこそ、龍はお互いを求めます。

その龍を倒す為にオゴンとソンミはお互いに覚悟を決めます。

愛する人を残して死ぬことは辛いけれど、愛する人が亡くなった後生きる人生の方が長ければ長いほど辛いのだと。

お互いに相手を悲しませないように死ぬ道を決意します。

これこそ至上の愛ではないでしょうか?

傍若無人だったオゴンが愛の為にここまで自分を犠牲にするなど、天界も予想外でした。

http://enews.imbc.com/News/RetrieveNewsInfo/228363より引用

甦った龍が世界に出て行かないようにしますが、ソミンは刺されて殺され、彼女の死に悲嘆にくれたオゴンは彼女の意志を継いで龍に瀕死の状態からトドメを刺します。

自分の体も戦えないほどボロボロなのに・・。

金剛箍がこの時は彼の心臓を守ってくれたのです。

三蔵が亡くなっても彼は三蔵の想いと愛に守られ、生かされてたのです。

全てが終わり、青い空が見えたオゴンは呟きます。

——世界はそのままなのに、もうお前はいない、と。

 

愛は永遠に━━

https://www.insight.co.kr/news/143219より引用

金剛箍をオゴンから外す為にソンミは天界から呼ばれてあの世から1日だけ蘇ります。

オゴンはソンミの記憶を失い、彼女をただの雑霊扱いしますが、ソンミには全身全霊で愛したオゴンです。

一緒にいるとオゴンはソンミの記憶を胸の痛みと共に鮮明に思い出します。

どれだけ自分がソンミを愛していたか、どれだけ離したくないか。

彼女が死ぬ前に言った「金剛箍が消えたら、あなた1人が残っても愛は残らないから」と言われた言葉を思い出して自分から腕輪を外します。

もうオゴンには腕輪は意味がないからです。

金剛箍は自分に従わないのなら罰を下すのですが、彼はソンミさえいればどんな命令にでも従います。

腕輪などなくてもオゴンはソンミを愛していたことを思い出し、今も愛しているのですから。

オゴンはソンミに自分の「火眼金晴」を与えてどんな姿であろうが絶対探しに行くと約束します。

 

『花遊記』まとめ

https://twitter.com/hashtagより引用

魔王はアサニョから羅刹女を助ける方法や息子が生きていると聞かされ惑わされ手伝いましたが、アサニョは本当の事を言っていました。

嘘をついていたのは天界です。

信頼されるべきものがずっと騙されて、いいように扱われて、魔王は神仙などにはならないと拗ねてしまいます。

しかし博物商人の館の留守番の孫が自分と羅刹女の子どもだったと気付きます。

それから息子とは思われないように世話しますが、いちいち後ろ姿や仕草が似ていて、良かったと私まで幸せになりました。

アサニョはプジャの体が腐るのを止められず、バルゲに焼いてと頼みます。

多分、長い間プジャの身体にいたから彼女はプジャと気持ちが近付いたのだと思います。

死は身体だけではありません。心にも細胞にもその人の気持ちが身体の全てにあるのだと思いますから、影響を受けるでしょう。

自分の目を与えたからこそ探せる自信を持つオゴンはあの世に行ってソンミを探す決意をします。

途中で三蔵ソンミが亡くなった時は絶対ハッピーエンドだと思ってただけに泣きましたが、こんな終わり方なら良かったです。

反日表現は私が韓国好きだから、反応してしまったのだと思います。

偏見なく面白い作品として観て貰いたいですね。

笑って感動できる作品だと思いますから、沢山の人に観て貰いたいです。


応援して下さる方は、下の2箇所のクリックをお願いします^^

韓国ドラマランキングバナー 韓国ドラマランキングバナー

-韓国ドラマ

Copyright© 韓流スタイル , 2019 All Rights Reserved.