韓国ドラマ・映画のあらすじキャスト相関図&韓流俳優・女優のエンタメ情報

韓流スタイル

韓国ドラマのラインナップが豊富!
《今なら31日間無料視聴》
>> 今オススメの韓国ドラマ作品はこちら <<

韓国ドラマ 韓国映画 韓国女優

ハンヒョジュ出演ドラマ映画おすすめ|華麗なる遺産、トンイ、W-君と僕の世界、愛を歌う花、ビューティインサイド…最新映画『ゴールデンスランバー』も!

今年女優14年目を迎える韓国で清純派女優として人気があるハン・ヒョジュ、「嫁として連れてきてほしい女優」1位になるほどの妻の理想像とされる女性です。

日本映画に関心があり、日本語を学んだこともあるという日本びいきで、日本人には嬉しい韓国女優ですね。

その影響か、日本映画に出演したこともあります

今回はそんなハン・ヒョジュのおすすめドラマと映画、最新情報を紹介します。

(画像はhttp://www.sporbiz.co.kr/news/articleView.html?idxno=45129より引用)

ハン・ヒョジュ出演ドラマ一覧

http://news.hankyung.com/article/201608087014Hより引用

2004年 - 2005 ノンストップ5
2006年 春のワルツ  パク・ウニョン 主演  KBS
2007年 空くらい地くらい  ソク・ジス 準主演  KBS
2008年 イルジメ〜一枝梅  ピョン・ウンチェ 準主演  SBS
2009年 華麗なる遺産  コ・ウンソン 主演  SBS
2009年 Soul Special
※ 5分×12エピソードからなるインターネットドラマ。OST収録曲「Sudden Burst of Tears」歌唱 feat. Gan-D
2010年 トンイ 淑嬪崔氏(トンイ) 主演  MBC
2016年 W -君と僕の世界-  オ・ヨンジュ 主演

ウィキペディアより

『ノンストップ5』で女優としてデビューしますが、芸能デビューはその前で、インターネットで応募した衣料ブランドのモデルに抜擢されました。

無名時代の十代に季節シリーズの最終作『春のワルツ』の主演に抜擢され、一躍スターの仲間入りを果たし、"シンデレラ"と呼ばれました。

その抜擢理由はユン・ソクホ監督がネットでハン・ヒョジュの写真を見て子供のような純真さと神秘的な感受性を感じ取ったからだそうです。

しかし、無名の新人を起用したこともあり、ドラマの視聴率は伸び悩みました。

 

ハン・ヒョジュ出演映画一覧

http://postshare.co.kr/archives/302337より引用

2006年 マイ・ボス マイ・ヒーロー2 リターンズ ユ・ミジョン
2006年 アドリブ・ナイト イ・ポギョン 主演
2008年 走れ自転車 イム・ハジョン 主演 ※エンディング曲作詞・歌唱
2008年 素晴らしい一日 バス停留所の女 カメオ出演
2009年 テレシネマ7 天国への郵便配達人 チョ・ハナ 主演
2011年 ただ君だけ ジョンファ 主演
2012年 王になった男 王妃 準主演
2012年 ファイアーブラスト 恋に落ちた消防士 ミス 主演
2013年 監視者たち ハ・ユンジュ 主演
2014年 セシボン ミン・ジャヨン 準主演
2014年 MIRACLE デビクロくんの恋と魔法 テ・ソヨン 日本映画  準主演
2014年 妙香山館 オヨウンラン 主演(短編芸術映画 ノーギャラ出演)
2015年 ビューティー・インサイド ホン・イス 主演
2016年 愛を歌う花 チョン・ソユル(キーセン) 主演
2018年 人狼 (2018年の映画) イ・ユニ 主演
2018年 ゴールデンスランバー チョン・ソニョン

ウィキペディアより

好きな日本監督は岩井俊二と犬童一心だと言うハン・ヒョジュは、2014年に犬童一心の映画作品で、主演を嵐の相場雅紀が務めた『 MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』に出演しています。

ハン・ヒョジュは日本女優の宮崎あおい、蒼井優、上野樹里と共演したいそうでしたが、映画『ビューティーインサイド』で見事上野樹里と共演して夢を1つ叶えました。

ビューティーインサイド|ハンヒョジュ主演!あらすじ・感想・キャストまとめ《韓国映画》

ビューティーインサイド|日本語字幕フル動画を今すぐ安全に無料視聴する方法《韓国映画》感想・見どころも

 

ハン・ヒョジュ出演ドラマおすすめ①『華麗なる遺産』

http://siptiamaritheothersideofme.blogspot.com/2010/10/brilliant-legacy.htmlより引用

最高視聴率は47.1%という驚異の数字を叩き出したこのドラマは、2009年で一番の話題作です。

男性視聴者からも圧倒的な支持を得て、韓国では「国民代表ドラマ」という言葉が生まれるほど社会現象を起こしました

ハン・ヒョジュ演じる主人公のウンソンがどんなに困難な苦境に立たされようとも、決して俯くことなく果敢に立ち向かっていく姿には感動します。

そしてウンソンの笑顔には癒されます。

相手役のイ・スンギ扮するファンはあまり愛情表現が上手くなく、ちょっと天の邪鬼なところがありますが、そこがまたドラマのいいアクセントになっています。

 

あらすじ

https://programs.sbs.co.kr/drama/usan/clip/49712/22000251501より引用

留学先のNYからソウルに一時帰国した社長令嬢コ・ウンソン(ハン・ヒョジュ)は、機内でカバンを取り違えたことに気づかずに帰宅。カバンの持ち主ソヌ・ファン(イ・スンギ)という男に連絡するが、彼の傍若無人な行動に振り回され、カバンも返してもらえない事態に!
その後、ウンソンは、父の会社が倒産、そしてその父の事故死という不幸に見舞われる。追い討ちをかけるように、継母ソンヒは死亡保険金を横取りし、ウンソンと弟ウヌを突き放す。そんな中、今度は最愛の弟ウヌが行方不明に…。絶望のどん底にあるウンソンに救いの手を差し伸べたのはファンの幼馴染で、彼女に惹かれはじめていたジュンセだった。
そんなある日、ウンソンは道端で倒れていた老婆を助ける。偶然にも、その老婆はファンの祖母で≪チンソン食品≫の社長スクチャであった。ウンソンの人柄に惚れ込んだスクチャは、彼女を家に迎え入れることに。同居人として最悪な再会を果たすウンソンとファン。さらに、孫のファンに失望していたスクチャは、全遺産をウンソンに相続すると宣言し、ウンソンとファンはますます険悪な仲になっていく。果たしてスクチャの真意は?そしてウンソンの運命は…?

BSフジより

 

主要キャスト

http://www.tv-osaka.co.jp/ip4/asi/kareinaruisan/より引用

コ・ウンソン:ハン・ヒョジュ
ソヌ・ファン:イ・スンギ
ユ・スンミ:ムン・チェウォン
パク・ジュンセ:ペ・スビン
ペク・ソンヒ:キム・ミスク
イ・ヒョンジン:キム・ジェスン

ウィキペディアより

 

予告動画

 

ハン・ヒョジュ出演ドラマおすすめ② 『トンイ』

http://news20.busan.com/controller/newsController.jsp?newsId=20110218000162より引用

奴婢から女官となり、最終的には朝鮮王朝第19第王・粛宋の側室にまで上り詰めた女性トンイが、亡くなった父の濡れ衣を晴らしていく物語です。

華麗なる宮廷絵巻や、朝廷内での派閥抗争、女同士の争いなど、波乱の世界を渡り歩くトンイの波乱万丈な人生を織り交ぜながらも側室の淑嬪崔氏(スクピンチェシ)になります。

それからはトンイの息子である第21第王となる英祖(ヨンジョ)の成長も見どころです。

 

あらすじ

http://allclip.sbs.co.kr/end.html?clipid=M11_T9201608030229より引用

賤民の娘として生まれたトンイは、権力争いの陰謀により父と兄を殺され、幼くして過酷な境遇に追い込まれてしまう。成長したトンイは、父と兄の無罪を証明するため、宮廷で掌楽院の奴婢として働き始める。やがて、朝鮮王朝第19代王・粛宗(スクチョン)、そして側室のチャン禧嬪(ヒビン)との運命的な出会いを果たしたトンイは、宮廷内の熾烈な権力争いに巻き込まれながらも、王の側室へと上り詰めていく。

チャンネル銀河より

 

主要キャスト

https://women.mthai.com/women-variety/81721.htmlより引用

同伊(トンイ)/淑嬪崔氏(スクピンチェシ):ハン・ヒョジュ / 幼少期:キム・ユジョン
本作の主人公で、本名:チェ・ドンイ。掌楽院(チャンアグォン)奴婢(ぬひ)、監察府(カムチャルブ)女官、承恩尚宮(スンウンサングン:正五品相当)、父親の死後、冤罪を晴らすため宮廷入りする。その後、掌楽院奴婢→監察府女官を経て粛宗に見初められ、承恩尚宮(スンウンサングン)から淑媛(スグォン、従四品相当)、淑儀(スギ、従二品相当)、淑嬪(スクビン、正一品相当)となる。賎民の出身として貧しい幼少期を送るが、明るく努力家で、正義感が強く、知性と行動力に溢れる。

粛宗(スクチョン):チ・ジニ
李氏朝鮮第19代国王。女官のオクチョンを寵愛し、懐妊を機に承恩尚宮から正式な側室とし、同時に王であることを隠している時にトンイと知り合い、以後は彼女に信頼を寄せている。その後、王の責任として亡母の明聖大妃への毒殺を企てたとされる仁顕王妃を廃位にし、宮殿から追放した。しかし、大妃を殺した疑惑はオクチョン側にも向けられており、秘かに真相を突き止めようとしていた最中の苦渋の決断だったために後悔すると同時に元王妃への思いも残っていた。

禧嬪張氏(ヒビン チャンシ):イ・ソヨン
本名:張玉貞(チャン・オクチョン)。粛宗の側室。王の寵愛と信頼を受けて承恩尚宮から世子を生んで「禧嬪」となる。当初は不正を嫌う性格だったが、「何かを得ようとするなら全てを失う事になるだろう」という道士・金桓の言葉をきっかけに権力欲と野心に目覚め、自ら悪事に手を染めていく。

車天壽:(チャ・チョンス)ペ・スビン
剣契(朝鮮語版)(コムゲ)のリーダー格で、車天寿とも書く。剣契が罠に嵌められた際に重傷を負い、トンイと離れ離れになってしまう。6年後は捕盗庁(ポドチョン)の仵作人(オジャギン:検死官)になり、後に武官となる。トンイからは「チョンスにいさん」、彼女の息子である延礽君(昑、クム)からは「伯父上」と呼ばれている。

徐龍基(ソ・ヨンギ):チョン・ジニョン
左捕盗庁従事官(チャポドチョン チョンサグァン、従六品相当)、内禁衛将(ネグミジャン、正三品堂上から従二品相当。親衛隊の隊長職)。ヒョウォンが剣契のリーダーと判明して失望する一方、幼い頃のトンイが発した父は無実だという言葉が気になっていた。宮廷で出会ったトンイの捜査能力を信頼しているが、彼女がヒョウォンの娘であることに最初は気付いていなかった。

仁顕(イニョン)王妃:パク・ハソン
粛宗の継室で、西人派。思慮深く、芯が強い性格である。禧嬪を始めとした南人派の策略によって粛宗の亡母・明聖大妃の毒殺を企てた罪を着せられ、粛宗の王命にて王妃の身分を剥奪、宮殿を追放された。その後は、宮殿の外で質素な暮らしをしていたが、後にトンイらの尽力によって復位する。

ウィキペディアより

 

予告動画

 

ハン・ヒョジュ出演ドラマおすすめ③『W━君と僕の世界』

http://isplus.live.joins.com/news/article/article.asp?total_id=20750527&cloc=より引用

現実とウェブ漫画の世界が繋がったこの作品は、予測不能な展開が待ち受けます。

漫画の主人公としてカン・チョルを演じるのは"人気ナンバー1俳優"のイ・ジョンソク

漫画家の娘で医者であるヒロインのオ・ヨンジュに"ラブストーリーの女王"ハン・ヒョジュ

ヒロインが漫画の中に入ったり、カン・チョルが現実世界に来たりとありえない設定ですが、それぞれ二つの世界を行き来する様はとても楽しめます。

謎解きもあり、リアルと漫画の2人が恋をするという状況に続きが気になって仕方がないドラマです。

同時間帯視聴率1位、MBC演技大賞で7冠を制した話題作です。

 

あらすじ

http://www.spotvnews.co.kr/?mod=news&act=articleView&idxno=77105&page=&total=より引用

研修医として平凡な日々を送っていたオ・ヨンジュは、ある日、父が描いた大人気ウェブマンガ「W」の絵に吸い込まれ、その世界に入り込んでしまう。そこで彼女が出会ったのは、幼い頃から“理想の恋人”として思い描いていた主人公カン・チョルだった! その日以来、現実とマンガの世界を行き来するようになったヨンジュは、次第にチョルへの想いを募らせていく。一方、ヨンジュのことが気になり始めたチョルは、彼女の正体を探ろうとするが、その過程で自分の世界が“マンガ”であることを知ってしまい…!?

公式より

 

主要キャスト

http://www.newstown.co.kr/news/articleView.html?idxno=257438より引用

  • カン・チョル役 イ・ジョンソク
  • オ・ヨンジュ役 ハン・ヒョジュ
  • ソ・ドユン役 イ・テファン(5urprise)
  • ユン・ソヒ役 チョン・ユジン

 

DVD発売予告動画

こちらで詳しく書いています!

W-君と僕の世界-|イジョンソク&ハンヒョジュ主演!あらすじ・感想・キャストまとめ

W-君と僕の世界-|日本語字幕フル動画を今すぐ安全に無料視聴する方法《韓国ドラマ》感想・見どころも

 

ハン・ヒョジュ出演映画おすすめ①『ビューティーインサイド』

https://xn--u9jy52gr2p5pl0ur6lcz20behl.com/2018/04/18/より引用

18歳の頃から目覚めると毎日姿の変わる家具デザイナーのウジン。

それは年齢も国籍も性別もを凌駕した、自分でもどんな姿になっているか想像もつかない姿です。

そんな明日の自分の姿がわからないウジンは恋をしました。

家具店で働くホン・イスを好きになり、自分の今の姿を保とうと3日徹夜して何とかデートにこぎつけますが、疲れて眠ってしまい、また別人になってしまいます。

それでも、理解を示してウジンを愛するようになるイスですが、毎日変わる姿にとうとう疲れ果ててしまい、遂にはウジンを責めるようになり、別れてしまいますが━━。

東芝とインテルが共同してFacebookを使って視聴・参加するソーシャル映画「The beauty Inside」を実際に映画化した作品です。

総勢123人が演じるウジンというのは、Facebookという媒体ならではです。

 

あらすじ

https://www.insight.co.kr/news/128850より引用

家具デザイナーのウジンは18歳のときから目覚めると心以外の姿、性別、国籍等の全てが変わるようになってしまった。男、女、老人、子ども、外国人…。人に会う仕事ができないため、才能とインターネットを活かして活躍している。そんな彼の “病気”のことを知っているのは母と親友だけ。ある日、アンティーク家具店で働く美しいイスに出会い、一目で恋に落ちてしまう。彼女に会いたい一心で、毎日初めてきた客のようにお店に通う日々。彼女に告白する“見た目”になる日を待って、ついにデートに誘い、ふたりはロマンティックな3日間を過ごす。しかし、同じ姿でいるため3日間徹夜をしたウジンは、うっかり電車で寝てしまい起きると全く別の顔に・・・。
ウジンはイスに真実を話すことができるのか?イスは、毎日姿が変わるウジンの愛を受け止めることはできるのか?最高に特別な恋が今はじまる!

公式より

 

主要キャスト

http://nenemomoasia.com/2016/10/29/beauty-inside/より引用

ハン・ヒョジュ ホン・イス役 毎日姿の変わる男を愛してた女

ウジン役 キム・デミョン、 ト・ジハン、ぺ・ソンウ、パク・シネ、イ・ボムス、パク・ソジュン、キム・サンホ、チョン・ウヒ、上野樹里、イ・ジェジュン、キム・ミンジェ、イ・ヒョヌ、チョ・ダルファン、イ・ジヌク、ホン・ダミ、ソ・ガンジュン、キム・ヒウォン、イ・ドンウク、コ・アソン、キム・ジュヒョク、ユ・ヨンソクなど総勢123人

 

予告動画

こちらで詳しく書いています!

ビューティーインサイド|ハンヒョジュ主演!あらすじ・感想・キャストまとめ《韓国映画》

ビューティーインサイド|日本語字幕フル動画を今すぐ安全に無料視聴する方法《韓国映画》感想・見どころも

 

ハン・ヒョジュ出演映画おすすめ②『愛を歌う花』

http://magazine2.movie.daum.net/movie/27068より引用

原題は『解語花/해어화』で、人の言葉を理解する花と書き、美しさと強さ全てを持つ女性という意味を持ちます。

1943年という終戦の2年前、日本統制下である激動の時代に歌手を夢見た妓生(キーセン:日本では遊女や芸妓のようなもの)のソユルは、歌と愛に情熱を捧げます。

すば抜けた美貌とたぐいまれな歌で最高の歌姫と謳われたソユルと、心に響くような天性の歌声を持つ幼なじみのヨニ、天才的な才能を持つ作曲家ユヌの3人が歌と運命をめぐって物語を繰り広げます。

激動の時代を生きた3人の愛と運命を描いています

 

あらすじ

https://www.youtube.com/watch?v=-XNFhSbfSGAより引用

時は1943年、京城唯一の妓生養成学校。ずば抜けた美貌と優れた歌唱力で最高の歌姫と称されるソユル(ハン・ヒョジュ)と、心に響く天性の歌声を持つ幼なじみのヨニ(チョン・ウヒ)は、作曲家ユンウ(ユ・ヨンソク)から一目置かれ、同期の羨望を受けるかけがえのない親友同士だった。作曲家として最高峰の実力を誇るユンウは民衆の心を癒やす「朝鮮の心」という歌を作曲する矢先、ヨニの歌声にいつしか魅了されていく。ユンウの曲を自分のものにし、歌手になることを夢るソユルは次第に嫉妬心が芽生え始め、3人それぞれの運命が狂い始めていく―。

公式より

 

主要キャスト

http://m.starilbo.com/news/articleView.html?idxno=39798より引用

  • ハン・ヒョジュ ソユル役 歌姫の妓生
  • ユ・ヨンソク ユヌ役 作曲家
  • チョン・ウヒ ヨニ役 ソユルの幼なじみ

 

予告動画

 

ハン・ヒョジュ出演の最新映画情報

https://www.dmitory.com/garden/8878247より引用

日本で大ヒットした堺正人主演の映画『ゴールデンスランバー』が韓国版として同名でリメイクされました。

日本でも2019年1月12日よりシネマート新宿で上映が決定し、順次全国公開が予定されています。

主演はカン・ドンウォンで、韓国での映画公開の初日には観客動員数が16万人超え、6日目には100万人を突破しました。

年明けの1月5日には主演のカン・ドンウォンが来日して公開記念イベントを竹芝ニューピアホールで開催する予定です。

ハン・ヒョジュは最後までゴヌを信じる57分交通情報のリポーターのチョン・ソニョンという役柄で出演しています。

映画『ゴールデンスランバー』(韓国版)の公開準備と同時に『人狼』(仮題)の撮影の真っ最中であるハン・ヒョジュは、「私が出演した作品が観客に小さな、何か一つでも心に残ったらと思う。面白かったり、感動的だったり、メッセージを与えたり」と話した。

ハン・ヒョジュは「『ゴールデンスランバー』は“常識が通じない社会でも優しくて誠実に生きなければならない”というメッセージに引かれた。また、出番が少なくても共演する出演者が良かった」とし「私がカン・ドンウォンやキム・ソンギュン、キム・デミョンといった俳優と友人役で息を合わせられる機会はまた来るだろうかと思う」と告白した。

出典
https://www.konest.com/contents/news_detail.html?id=35705

 

公開情報

「ゴールデンスランバー」
2019年1月12日(土)よりシネマート新宿ほか全国順次公開

監督:ノ・ドンソク
原作:伊坂幸太郎「ゴールデンスランバー」(新潮文庫刊)
出演:カン・ドンウォン「MASTER/マスター」「華麗なるリベンジ」、キム・ウィソン「新感染 ファイナル・エクスプレス」、キム・ソンギュン「悪いやつら」、キム・デミョン「インサイダーズ/内部者たち」、ハン・ヒョジュ「ビューティー・インサイド」、ユン・ゲサン「犯罪都市」

2018年/韓国/韓国語/108分/スコープサイズ/字幕翻訳:李 英愛
原題:골든슬럼버
英題:GOLDEN SLUMBER
配給:ハーク
(C) 2018 CJ E&M CORPORATION, ZIP CINEMA, ALL RIGHTS RESERVED

<ストーリー>
人気アイドル歌手を強盗から救い出し、国民的ヒーローになった優しく誠実な宅配ドライバーのゴヌ(カン・ドンウォン)。ある日、久しく会っていなかった友人ムヨル(ユン・ゲサン)から突然連絡が来る。再会の喜びも束の間、目の前で次期大統領候補者が爆弾テロにより暗殺されてしまう。動揺するゴヌに向かってムヨルは「お前を暗殺犯に仕立てるのが“組織”の狙いだ。誰も信じるな、生きろ!」と警告して自爆。大統領直属の機関である国家情報院はゴヌを暗殺犯と断定し、マスメディアが一斉に報道。大規模な包囲網が敷かれる。身に覚えのない罪を着せられたゴヌだったが、やがて事件の裏に国家権力が潜んでいることを知る。無数の警察に追われる無実の男は、巨大な陰謀にどう立ち向かうのか……?

■関連サイト
「ゴールデンスランバー」オフィシャルサイト:http://hark3.com/goldenslumber/

Kstyleより

 

日本用劇場版予告編

 

「ラブストーリーの女王」であるハン・ヒョジュのドラマと映画のおすすめ作品と、最新映画情報をまとめました。

ぜひ彼女の魅力を再確認して下さい!

 


応援して下さる方は、下の2箇所のクリックをお願いします^^

韓国ドラマランキングバナー 韓国ドラマランキングバナー

-韓国ドラマ, 韓国映画, 韓国女優
-, ,

Copyright© 韓流スタイル , 2019 All Rights Reserved.